レースを見極めプラス回収

 

お世話になっております。

 

西城つよしです。

 

平成最後のクラシック初戦は、

サートゥルナーリアが3頭横並びの激戦を制し、

ディープ以来14年ぶりの無敗の皐月賞馬になりました。

 

今回休み明けでも、

素晴らしいパフォーマンスを発揮したので、

次走も楽しみが広がりますね。

 

そして今回のパーフェクトコードは、

大きい的中はありませんでしたが、

そんな中でもレースを見極め良い的中レースがありましたので、

ご紹介します。

 

4.13(土)中山2R、3歳未勝利、ダート1800m戦

 

C,中2,1,ケイティクラウン,

C,中2,2,ゴールデンヘイロー,

E,中2,3,シロボシ,

C,中2,4,ショウナンタイヨウ,

C,中2,5,サンニューヨーカー,

B,中2,6,フェイスフルベン,(8番人気)

C,中2,7,ゴールドヒューズ,

C,中2,8,コーヴ,

B,中2,9,ベルウッドカザン,(9番人気)

C,中2,10,サクラルーフェン,

B,中2,11,ラインリンクス,(5番人気)

A,中2,12,マイネルイヴィンス,★(2番人気)

 

結果

 

1着 10番 サクラルーフェン(C)

2着 12番 マイネルイヴィンス(神)

3着  9番 ベルウッドカザン(B)

 

ワイド9-12

2470円

 

Cコード馬で圧倒的人気のサクラルーフェンが、

オッズ通りの活躍で勝利しましたが、

このレースでは2着馬、3着馬を狙うことで、

しっかり的中できました。

 

3着に入ったベルウッドカザンは、

9番人気と人気薄でしたので、

この好走はパーフェクトコード使用者しか見抜けませんでしたね。

 

しっかりレースを見極めることの重要性を、

再確認できたので、

来週以降もこの調子でいきたいところです。

 

平成の終わりももう少し、

良い締めくくりをできるように、

頑張りましょう。

 

それではまた。