またもやオーラスレースで高配当!

5月13日第13回GⅠヴィクトリアマイルの後の東京最終レースの

BSイレブン賞4歳以上1600万下ダート1400m戦。

 

メインのGⅠレースに続いてこのレースも上位人気の単勝オッズが、

高めで荒れる気配があります。

 

Aコードは8番アシャカセルクルと12番アフターバーナーの2頭。

 

Bコードは6番タイセイエクレール、

9番ワンダーリーデル、

10番チェリーサマー、

11番ビックリシタナモーの4頭。

 

対象馬が6頭と多いので連対率の低い単勝万馬券はカットします。

 

10番チェリーサマーは直前単勝万馬券でカットします。

 

こういうパターンでは購入点数を減らすために2頭のAコードを軸に、

Bコードへのフォーメーションで馬券は構成したいところですが、

Aコード馬2頭に確証が持てないことから5頭のボックスで勝負。

馬連は10点、

馬単で20点、

三連複が10点、

三連単だと60点になります。

 

E,東12,1,ハングリーベン
D,東12,2,プリサイスエース
D,東12,3,アースコネクター
C,東12,4,エイシンビジョン
E,東12,5,マイネルエスパス
B,東12,6,タイセイエクレール(3着)
D,東12,7,ブラインドサイド
A,東12,8,アシャカセルクル
B,東12,9,ワンダーリーデル(1着)
B,東12,10,チェリーサマー
B,東12,11,ビックリシタナモー(2着)
A,東12,12,アフターバーナー
D,東12,13,タイセイプレシャス
C,東12,14,インディーズゲーム

 

結果は1着に9番ワンダーリーデル、

2着11番ビックリシタナモー、

3着6番タイセイエクレールと入り、

馬連は4,920円の高配当、

Bコード同士の三連複が7,750円、

三連単が53,280円となりました。

 

このレース以外にも先週末は、

万馬券こそありませんでしたが、

3桁配当の堅いレースから馬連2000円超レベルの中配当も

含めて多数的中はしています。

 

しかしながら、

AコードとBコードが2~3頭のレース、

5頭以上のレースなど様々なパターンがあり、

単純にパーフェクトコードだけではなく、

他の要素と組み合わせて予想をすることが必要ですが、

高配当ゲットのための要素の一つになることは、

間違いないと思います。

 

 

ぜひ参考にしてみてください。